視力回復のススメ

目の使い方とチェック

集中力

先ほど視野の話をしました。視野が狭いと一点を集中してみているという印象もありますが、それは間違いです。集中してみても顔が動いて迷路を追っている人は、実は集中力がないのです。

集中力がある人は視野が広く、目の動きだけで迷路を追うことができます。また指で迷路の道をたどりながら迷路追ってもらいます。目だけで追うより、指を使って追って方がはるかに楽で早くゴールまで行けるという人はかなり視野が狭いといっていいでしょう。視野が広い人は指で追ったときとそれほど時間差はありません。

視野が狭い人は自分の指を目で追えばすむので楽に感じます。指を使ってないときは頭の動きでカバーしているのです。歩いているときよく何かにぶつかったり、運転していてつい前だけを見てしまうことはありませんか?このようなことがある人は視野が狭い人に多い症状です。

迷路で指で追う場合と目だけで追う場合の両方がスムーズにできた方は、十分な集中力を持っています。集中力があると読書をする時、読みながら読解力が働き内容をすぐ覚えることができますが、集中力がないとなかなか頭に入ってきません。集中力は記憶力にもつながります。

のちほど記憶力のトレーニング方法をお話しますが、一瞬で数字を見て5つくらい数字を覚えられれば記憶力があります。この目の働きが落ちていると覚える力が落ちて、勉強に支障をきたしたり会社のプレゼンなども覚えられなくなります。お子さんの記憶力が落ちたなと思ったら視力が低下している可能性が高いので注意してください。

スポンサードリンク

目の使い方とチェック

両眼視機能チェック
集中力
緊張度
その他のチェック

目のトレーニング

老眼防止
両目トレーニング
目の疲れをとる
目の体操
病気への予防
焦点調節
首と肩のコリ
バラエティトレーニング
ドライアイ
コンピューター対策

脳を使って視力回復

脳と視力の関係
聴視トレーニング
速視トレーニング
逆式視力法
アイバランスマスクでの効果
アイバランスマスク
3Dトレーニング

日々の暮らしでの視力

近視矯正手術
めがねの使い方
めがね
ブルーベリー

視力は本当に回復するのか

原因
金属疲労
近視

家族

子供の近視
遺伝
Copyright (C) 視力回復のススメ All Rights Reserved