視力回復のススメ

目の使い方とチェック

その他のチェック

今までお話してきたチェック項目が主な方法です。ほかにもチェックできる方法があるので紹介しますが、今までのものより準備が大変になるので、余裕がある人は試してみてください。

これは見たいと思ったものをしっかり見えているかを確かめるピント合わせのチェックです。ビーズとロープを使います。ロープを3メートルにし目の高さで壁に張り、ビーズをロープにひとつつけてできあがりです。ロープを目と目の間の鼻柱という部分につけ、ビーズを見るとロープが2本に見えます。

右目には左側のロープが、左目には右側のロープが見え交差している状態になります。これは2本に見えている人は両眼視、1本にしか見えていない人は片眼視です。さらに2本のロープの交差している場所がビーズのところであれば正常に目が働いています。これが手前にずれていると実際より手前にピントがあっていることになり、逆に遠くにずれていると実際より遠くにピントがあっている状態になるのです。

またこのロープとビーズで情報のチェックも行うことができます。たとえば両目に光が入ってきたとき、右目には入ってきたすべての光が入るのに対し左目には半分の光しか入ってこない場合があります。このとき左目は光を抑制している状態にあり、情報を制限しているのです。2本ロープを見たときどちらかが薄く見えている人はいませんか?薄く見えたほうの反対の目が薄くさせているので、抑制していることになります。

情報が入ってこない状態が続くと、脳にも情報が行かずさらに両目で左右差が出てしまいます。これは抑制していてもたくさん使うようにしていれば改善できるので、いっぱい目を使うようにしてください。

スポンサードリンク

目の使い方とチェック

両眼視機能チェック
集中力
緊張度
その他のチェック

目のトレーニング

老眼防止
両目トレーニング
目の疲れをとる
目の体操
病気への予防
焦点調節
首と肩のコリ
バラエティトレーニング
ドライアイ
コンピューター対策

脳を使って視力回復

脳と視力の関係
聴視トレーニング
速視トレーニング
逆式視力法
アイバランスマスクでの効果
アイバランスマスク
3Dトレーニング

日々の暮らしでの視力

近視矯正手術
めがねの使い方
めがね
ブルーベリー

視力は本当に回復するのか

原因
金属疲労
近視

家族

子供の近視
遺伝
Copyright (C) 視力回復のススメ All Rights Reserved