視力回復のススメ

日々の暮らしでの視力

めがねの使い方

めがねはその人の視界になるので、買うときも重要です。目は脳で見ているのでめがねも目と脳にあったものに合わせます。最近はその場で受け取れる格安めがね屋さんなどもありますが、しっかり視力を計測してくれて店員さんの意見を聞きながら度数を決めていくところのほうがいいでしょう。

めがねはいわばオーダーメイドの自分だけのめがねですね。いいめがねというのは、完全に視力が合っている状態ではないのです。目はどうしても見る意欲を失い怠けてしまいます。脳が見る意欲をもつように、やや低い矯正視力で両眼視機能である両目のバランスがとれためがねにするように作ると、めがねをかけていても脳が活性化するようになります。

自分にあった適正化めがねはきちんと使っていれば、目の機能が改善し視力が回復することもあります。強度な近視になると網膜への光刺激がどんどん減っていきます。このような人はめがねを2つ作り使い分けをすると効果的です。部屋の中や手元の作業をするときは近く用、外出時やスポーツをするときや運転するときは遠く用にわけてください。

わける理由は前にお話した輻輳のバランスを崩さないようにするためです。強度な近視の人は遠く用で手作業などをするとこのバランスが崩れてしまうのです。遠くを見ているとき目のひとみと見るものの視野が一番広い状態です。これに対し同じめがねで近くを見ようとします。近くを見るときはめがねの内側の光を拾ってみようとします。

そうすると光が屈曲して目を寄せなくても近くが見えてしまうようになるのです。便利でいいかもしれませんが、脳が怠けてしなうので、近くをみるときは光の屈曲が近くを見ているときに合うように設定する必要があります。

スポンサードリンク

目の使い方とチェック

両眼視機能チェック
集中力
緊張度
その他のチェック

目のトレーニング

老眼防止
両目トレーニング
目の疲れをとる
目の体操
病気への予防
焦点調節
首と肩のコリ
バラエティトレーニング
ドライアイ
コンピューター対策

脳を使って視力回復

脳と視力の関係
聴視トレーニング
速視トレーニング
逆式視力法
アイバランスマスクでの効果
アイバランスマスク
3Dトレーニング

日々の暮らしでの視力

近視矯正手術
めがねの使い方
めがね
ブルーベリー

視力は本当に回復するのか

原因
金属疲労
近視

家族

子供の近視
遺伝
Copyright (C) 視力回復のススメ All Rights Reserved