視力回復のススメ

家族

子供の近視

子供の近視や遠視は両親の責任といってもいいでしょう。両親は心を痛めることですが、残念ながら事実なのです。しかし前の項目でお話した遺伝子のせいとは言いません。両親の生活習慣の影響を受けて子供の生活習慣に悪影響を与えています。

視力低下の原因は目を酷使する生活とは何度も言いましたね。子供の視力も大人と同じようなメカニズムで低下していきます。つまり、両親が目に悪い環境を作っていることになります。テレビをつけっぱなしにして見させたり、ゲームやマンガが好きでいっしょにやっている家庭では目にとって悪い環境です。

なので、前の項目でお話したように目を休める時間を作るなどをしっかりとるようにしましょう。また子供は親の姿を見て育ちます。両親自ら目に悪い生活を改め、子供といっしょにいい生活習慣を送りましょう。子供だけテレビやマンガを取り上げては子供が納得しませんね。

もうひとつ子供にとって重要なことがあります。それは近視の進むスピードです。子供の近視は大人の2~3倍のスピードで進みます。特にスピードが増すのは小学校を卒業する前後と言われています。一般に8歳から18歳の間が近視の危険年齢です。この時期、1年に何回かめがねを変えたという子は危険信号が出ています。

これを放っておくと20歳までに極度の近視になり手遅れになってしまうのです。ですから近視の兆しが見えたら予防法やトレーニングを行うようにしてください。前にも言いましたように、遺伝は帳消しにできません。しかし発症させなければいいのです。両親が早く気づいてあげてください。

スポンサードリンク

目の使い方とチェック

両眼視機能チェック
集中力
緊張度
その他のチェック

目のトレーニング

老眼防止
両目トレーニング
目の疲れをとる
目の体操
病気への予防
焦点調節
首と肩のコリ
バラエティトレーニング
ドライアイ
コンピューター対策

脳を使って視力回復

脳と視力の関係
聴視トレーニング
速視トレーニング
逆式視力法
アイバランスマスクでの効果
アイバランスマスク
3Dトレーニング

日々の暮らしでの視力

近視矯正手術
めがねの使い方
めがね
ブルーベリー

視力は本当に回復するのか

原因
金属疲労
近視

家族

子供の近視
遺伝
Copyright (C) 視力回復のススメ All Rights Reserved