視力回復のススメ

脳を使って視力回復

聴視トレーニング

先ほど瞬間視力のトレーニングについてお話しました。実は見ることも聞くことも脳にとっては同じです。たとえば目を閉じて誰かに犬と言ってみてもらい聞いてみてください。聞いたときあなたの脳の中では犬の姿が見えてきませんか?このように脳の中では視覚と聴覚は同じなのです。

さらには直接目で見て脳に送られるより、イメージで見るほうが脳にとっては刺激が強いです。最近はテレビやゲームなどが普及して、その映像が直接目に入る情報が多くなりイメージ力が低下していると言われています。ラジオを聴いたり、本の読み聞かせなどのほうがイメージは豊かになります。

一人暮らしを始めたり、恋人と遠距離恋愛になってしまった人はイメージの経験をしているはずです。一人になり電話で話すと頭の中でイメージして膨らんできます。そのあと会ったりするとイメージしていたものが一気に目に焼きついてきます。

このように聞くことによってイメージを強化し、脳内視力を高め視力を取り戻すことも可能なのです。まず録音機に自分で簡単な言葉を吹き込みましょう。いろいろな名詞をたくさん吹き込みます。吹き込んだらそれを早回しで聞いてみてください。単語のイメージを目を閉じたまま頭の中でどんどん思い浮かべるのです。またなにか曲を少しずつ録音します。

これを途中から聞いてなんの曲名かを当ててください。次々に名詞を聞くとイメージを固定化する前に次のイメージに移ってしまいます。そこで聞いたものイメージをできるだけ早くつくるようにします。スピードが強化されていくのです。また曲はより素早くいいあてていくと聴いたことがある曲のイメージを脳内視力を通じて素早く引き出すことになります。それが視力回復につながるのです。

スポンサードリンク

目の使い方とチェック

両眼視機能チェック
集中力
緊張度
その他のチェック

目のトレーニング

老眼防止
両目トレーニング
目の疲れをとる
目の体操
病気への予防
焦点調節
首と肩のコリ
バラエティトレーニング
ドライアイ
コンピューター対策

脳を使って視力回復

脳と視力の関係
聴視トレーニング
速視トレーニング
逆式視力法
アイバランスマスクでの効果
アイバランスマスク
3Dトレーニング

日々の暮らしでの視力

近視矯正手術
めがねの使い方
めがね
ブルーベリー

視力は本当に回復するのか

原因
金属疲労
近視

家族

子供の近視
遺伝
Copyright (C) 視力回復のススメ All Rights Reserved