視力回復のススメ

脳を使って視力回復

3Dトレーニング

私たちは右目と左目で見た像を頭で重ねあわせひとつにします。これは脳梁という脳の部分で情報交換を行い、判断し解釈します。また両目から入った情報を脳でまとめて考える機能もあります。これが記憶力につながるのです。

つまり脳の片側だけを使っていると考えがまとまらず、記憶力もよく働かないようになります。左右で視力がかなり違う人は片目でしかものを見ていない確率が高いです。老眼の人もこの両目でものを見る能力が衰えています。歳をとると記憶力が衰えるのはこれが原因です。両目でみる訓練は前にお話した両目トレーニングと関連しています。

最近3Dが流行っていますね。映画・ゲーム、最近では自宅のテレビで3Dを楽しめるようにもなりました。この3Dは見ることができない人がいます。なぜ見えない人がいるかというと、近くや遠くの一点を見つめることが困難な人がいるからです。これは目の運動不足が激しく脳が近くや遠くを見ているという認識が難しいことからきています。

3Dはだれでも見ることができます。3Dイラストという普通にみるとぼやけている絵がありますので、探してみてください。まずは寄り目ができることです。前の項目で寄り目のトレーニングは行いましたね。すぐ寄り目ができるようになっていることが重要になります。次に遠くの一点を見つめたまま3Dイラストを見て立体的に見えるかです。

これはなかなかできない人が多いと思いますので、見るための練習をしましょう。手の平を広げて目の前に出してください。どれか一本の爪を見つめます。爪を見ている視点を動かさず指を動かしてください。視点を動かさずにできたならば3Dが見えるようになります。

スポンサードリンク

目の使い方とチェック

両眼視機能チェック
集中力
緊張度
その他のチェック

目のトレーニング

老眼防止
両目トレーニング
目の疲れをとる
目の体操
病気への予防
焦点調節
首と肩のコリ
バラエティトレーニング
ドライアイ
コンピューター対策

脳を使って視力回復

脳と視力の関係
聴視トレーニング
速視トレーニング
逆式視力法
アイバランスマスクでの効果
アイバランスマスク
3Dトレーニング

日々の暮らしでの視力

近視矯正手術
めがねの使い方
めがね
ブルーベリー

視力は本当に回復するのか

原因
金属疲労
近視

家族

子供の近視
遺伝
Copyright (C) 視力回復のススメ All Rights Reserved