視力回復のススメ

目のトレーニング

バラエティトレーニング

このトレーニングでは目の自助作用といっていろいろな作用のトレーニングを行っていきます。 まず最初はものの形態を認識する能力を高める方法です。ものをすばやく見てそれを瞬時に認識できれば効果が表れていることになります。

自分であごを固定し、反対の腕をまっすぐ伸ばし大きくゆっくりと○・□・△を空に描いていきます。それを目で追いかける動きを続けてください。世の中で多い形は今の3つです。目で追いかけることで形の認識力が働き、すばやくものを見てとることができるのです。

次に目の眼圧と正常化させるためのトレーニングです。懐中電灯やライトを2つ用意してください。そのライトを10秒間見た後に手の平で10秒間目を隠します。明るい光と暗い闇を交互に繰り返すことで、明暗順応を強化します。

目が悪くなると光を見たとき正常な人の目よりもまぶしく感じるようになります。逆に暗闇では目が慣れてくるまでに正常な人より時間がかかります。この順応を早くするためと同時に眼圧を一定に保つ能力を高めていきます。

また近視を回復するだけじゃなく乱視も回復することができます。乱視には2通りあり、角膜がゆがんでいる角膜乱視と、目の中の水晶体がゆがんでいる水晶体乱視です。角膜乱視は角膜が横に押しつぶされている状態になっているので、目を大きく開いて上下それぞれ20秒ずつ見て、縦に伸びる動きをつくります。水晶体乱視は逆の動きが弱くなっているので左右に20秒ずつ見て修正できます。

スポンサードリンク

目の使い方とチェック

両眼視機能チェック
集中力
緊張度
その他のチェック

目のトレーニング

老眼防止
両目トレーニング
目の疲れをとる
目の体操
病気への予防
焦点調節
首と肩のコリ
バラエティトレーニング
ドライアイ
コンピューター対策

脳を使って視力回復

脳と視力の関係
聴視トレーニング
速視トレーニング
逆式視力法
アイバランスマスクでの効果
アイバランスマスク
3Dトレーニング

日々の暮らしでの視力

近視矯正手術
めがねの使い方
めがね
ブルーベリー

視力は本当に回復するのか

原因
金属疲労
近視

家族

子供の近視
遺伝
Copyright (C) 視力回復のススメ All Rights Reserved